経験が足枷となる相場

著書の「はじめに」において私は、「常識では到底理解できないことが起こった時、経験は逆に足枷となる」と書きました。

率直に言って、コロナショックの大暴落も、またその後に起こり現在進行中の大反騰(コロナバブル?)も、正に常識では到底理解できないことが起こった形であり、多くのベテラン勢がその両方の局面で苦しめられることになりました。この大反騰に関して言えば、今ひとつ乗り切れていないというのはまだ良い方で、空売りで数千万や数億レベルの大やけどをしたベテランも決して少なくはないように見受けられます。

実際、私の経験の中でも、これほどまでに実体経済の急激な落ち込みと株価の急速な上昇が同時に起こったのは初めてです。景気悪化どころかこれからどうして暮らしていくのか途方に暮れる人々が大量に出ているような状況にあって、未曾有の金融緩和による過剰流動性という背景があるにせよ、株価のみが我関せずとばかり無限に上昇していくのには強い違和感があります。(トレンドフォロワーなので、違和感があろうがなかろうが値動きにはついていくだけですが。)

その一方、コロナショックの大暴落を見て株式市場に参入してきた初心者の方々は幸運でした。3月中旬以降何でもかんでも上がるという稀有な上昇局面に、ベストタイミングで参加することに結果としてなったからです。当然ながら、たとえ知識としてはあったにせよ空売りを実践した方はほぼいなかったはずで、この天国相場の恩恵をフルに受けることが出来たことでしょう。「上げ相場で一番儲かるのは初心者」とも私は著書に書きましたが、いま正に、恐れを知らない初心者の皆さんが破竹の勢いで進撃中という状況になっています。

これからの相場がどうなるか? そんなことは誰にも分かりません。ただ一つ確実に言えるのは、永遠に下がり続ける相場もなければ永遠に上がり続ける相場もないということ。コロナショックという未曾有の暴落相場が早くも3月で終了して「守りの相場」が「攻めの相場」に急転換したように、その時期はともかく、何れ必ず「守りの相場」がやってくるということです。

著書の最初の方では、敢えて徹底して「守り」の重要性について強調しておきました。今年から相場を始めて見事にスタートダッシュを決めることが出来た初心者の方々には特に、「守りの相場」へと切り替わる前に、是非その真意を掴み取り備えをしておいていただきたいものです。

経験が足枷となる相場” に対して2件のコメントがあります。

  1. 増田 光 より:

    今日アマゾンで先生の著書を予約しました。
    読むのが楽しみです。本を読んでわからない箇所があれば、質問してよいですか?

    1. 荻窪禅 より:

      予約いただき、ありがとうございました。ご質問は歓迎しますので、もし分かりにくい箇所があれば遠慮なくどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA