自作トレード戦略の紹介

これまで紆余曲折ありましたが、現状のトレードは、裁量トレードを基本としつつ要所要所でシステムトレードを援用する形で行っています。

下の画像は、私が愛用しているソフトで自作したトレード戦略です。ボラティリティブレイクアウトが上方向に発生したら背景を緑に、逆に下方向に発生したら背景を赤に変えることで、現在、トレンドが上なのか下なのか一目で分かるようにしています。

表示させているのは9873日本KFCホールディングスで、直近一年間の日足チャートになります。チャート上、昨年8月9日に明確化した上げトレンドは昨年12月16日まで続き、その後下げトレンドに転じました。そして今年4月8日に再び上げトレンドに転換しています。ちなみに、緑のラインと赤のラインに挟まれている部分がボラティリティの大きさを表しており、昨年より今年の方がボラが遥かに大きいまま推移しているのが一目瞭然かと思います。

この銘柄は昨年大相場を演じたため、非常にきれいなトレンドを形成しましたが、もちろん、ここまできれいなトレンドが現れる銘柄は決して多くなく、ところどころでダマシが発生するのが通例です。

とは言え、トレンドが上向きである間は決して売りに傾けない、その逆にトレンドが下向きである間は決して買いに傾けないことを徹底しさえすれば、常に流れに逆らわないトレードが可能になります。そして、トレンドが上向きの間に、「大勢順張り、小勢逆張り」という玉操作によって利益の極大化を図っていくことになります。

今月、マネックス証券がトレードステーションのサービスを8月に終了することを発表しました。トレードステーションは世界最強のシステムトレードツールの一つと言っても過言ではないほどのもので、愛用してきた日本のシステムトレーダーにとっては大きな痛手となるでしょう。

ただ海外製のシステムトレードツールは他にも色々と優秀なものがありますし、多少の英語力とプログラミング能力がある方なら、早めに乗り換えることをお勧めしたいと思います。(日本製のシステムトレードツールは幾つかありますが、個人的には一度も使ったことがないため、コメントは控えます。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

行雲流水